移住 年金

海外 年金受給手続き


行列が出来る移住相談所


HOME>>年金について


■年金について・・・




移住して海外で暮らそうと考えた場合、一番気になるのはお金のことでしょう。
旅行と違い、ロングステイや移住ともなるとある程度長期です。
いくら貯金があったとしても、どんなトラブルに見舞われるか解りません。
そんなとき、海外でも年金を受け取ることができると安心です。


◇海外でも年金は受け取れるのか?!

移住して海外で暮らそうと考えた場合、一番気になるのはお金のことでしょう。
旅行と違い、ロングステイや移住ともなるとある程度長期です。いくら貯金があったとしても、どんなトラブルに見舞われるか解りません。
もし海外で年金が受け取れるとしたら、貯金を切り崩すこともないですし、万が一盗難にあったとしても年金は又入ってきますのである意味で安心です。

ただ、海外暮らしといっても人それぞれです。
例えば、3ヶ月程度だけロングステイしている人とか、各国を数ヶ月単位でロングステイしている人、あるいは1年以上現地に滞在している人・・・など。

では、どのような人が海外で年金を受け取るのかというと、多くの場合半年以上海外に滞在する人が多いようです。年金はリタイアメントビザを取得して、海外に住所を移したときも受給可能です。


◇以外に簡単な年金受給手続き!

もし海外で年金が受け取れるとしたら、貯金を切り崩すこともないですし、万が一盗難にあったとしても年金は又入ってきますのである意味で安心です。

海外で年金を受け取るには、市町村役場で「海外転出届」を提出し、転出証明書の発行を受け社会保険事務所に提出します。
社会保険事務所に行きます。そこで「年金の支払いを受ける者に関する事項」という書類に必要事項を記入して提出するだけです。

その後は1年に1回、社会保険業務センターから現況を確認するために「現況届」という用紙が滞在先に送付されます。これを受け取ったら、滞在国の領事館で「在留証明書」を発行してもらい送り返すとその後も継続できます。


◇年金にかかる税金について!

年金にも税金がかかります。通常では公的年金の所得に関しては課税されることになります。
日本で受給されている場合、取得した年金額から控除分を差し引いた額の10%が所得税になります。

しかし、海外で暮らしている人の場合は必要な手続きをとらなければ、二重課税となり国内、海外の両方で課税の対象となりますので注意が必要です。

二重課税にならないようにするには、「租税条約」が結ばれているか調べる必要があります。
租税条約はいくつかの国と結ばれています。滞在する国が租税条約の締結国の場合は「租税条約に関する届出書」を社会保険事務所に提出すれば、日本国内の所得税が免除されます。
ただ、共済年金に関してはこの限りではありません。


※詳細・正確な情報に関してはそのつど関係機関に問い合わせしてみることをお勧めいたします。

関連記事・参照先


スポンサードリンク






I N D E X
■海外移住について
海外で暮らす方法は?
海外移住のメリット
目的地の決め方
海外移住の準備
年金について
資産の有効活用
ビザの種類と取得方法
為替の知識
言語の習得方法
移住後の生活費は?
移住に失敗するケース
お役立ち情報
アジア
オセアニア
アメリカ
ヨーロッパ
■ロングステイ
ロングステイの知識
ロングステイの種類
ロングステイの準備
ステイ先での過ごし方
人気ロングステイ地は?
■国際結婚について
国際結婚で移住
国際結婚の手続き
国別の婚姻制度概要
国籍と帰化の知識
国内移住について
田舎暮らしの目的
国内移住の種類
移住の前にすること
住まいはどうする?
国内移住地域の概要
北海道・東北
関東・中部
山陰・中国
四国・九州・沖縄
移住後の趣味
各地の温泉スポット
各地のマリンスポーツ
各地の山登り
魚釣りのポイント
移住に役立つリンク集
各国の移住支援・NPO・移住お役立ち情報を提供しているサイトを集めて見ました。

                    Copyright (C)行列が出来る移住相談所 All Rights Reserved