四国・九州・沖縄 移住

四国・九州・沖縄の移住案内


行列が出来る移住相談所
HOME>>四国・九州・沖縄






■四国・九州・沖縄の移住候補地の概要

九州・四国・沖縄の検索上位の県や島、そしてトカラ列島などといった離島の概要です。


◆四国  

四国は瀬戸内海に浮かぶ大小様々な島と、愛媛、高知、徳島、香川の4県で構成されています。
面積は約19000平方km、総人口約413万人気候も温暖で、瀬戸内側ではオリーブやみかんの栽培などが盛んで、太平洋側も黒潮の影響をうけ、カツオ等の漁業にも恵まれています。
四国へのアクセスは、瀬戸内海にかかる橋に3本のルートがあり本州に繋がっている、又空港も高松、高知、徳島、松山にあり羽田から約1時間前後で行く事ができます。

瀬戸内海には大小様々な島が浮かびます、。
その数は無人島なども含めれば約3000余りとも言われています。
その中でも人が住む有人島は約160島、中には50人にも満たない島も含まれるが、総人口で約48万人位です。
移住ということで考えれば、四国全体を取り巻く気候も温暖で、特に瀬戸内海側は太平洋側とは違い内陸的な影響か台風などの被害も殆ど無く、みかんやオリーブ等の栽培にも適しているような地域ですから、小さな町や島などで田舎暮らしをして行くには好条件の場所があると思います。
風光明媚で温暖な静かな島ね移住して島暮らし、時には海で魚釣り、都会の暮らしに嫌気がさしているような方には憧れの地かもしれません。

◆九州

九州は福岡県・大分県・長崎県・宮崎県・鹿児島県・熊本県・佐賀県の7県と周辺の島で構成されています。その面積は約37000平方km、人口約1480万人位。
気候的にも暖かく、ほとんど小笠原諸島の気候と遜色はないそうだ、ただ太平洋側に位置する側は季節になると台風の影響を受けるので注意が必要です。
そして九州には、無数と言えるほど島が点在します。これらの島にも移住者は既にいるようですが、アクセスはあまり良くはないようです。
中には1日1便しか出ない定期船しかないような島も存在します。しかし考えようによっては、何処か秘境の趣を残しているので、旅行がてらいろりろ回って見るのも楽しいかもしれませんね。
九州各県の移住に関連するサイトを幾つか紹介して見たいと思いますので参考になさってください。

◆沖縄

沖縄本島は沖縄県の中でも最大の島でもあり、県庁所在地の那覇も本島にあ。その面積は約1200平方km、人口約125万人と沖縄の人口の殆どが本島に集中しています。
本島までのアクセスは、飛行機で東京から約2時間半、大阪からでは約2時間程度、全国主要都市から那覇空港まで殆ど直行便が運行しています。
本島は島といえども中心地はほとんど都市という感じで、インフラも整備され多くのショッピングセンター等も進出しています。
沖縄に移住を考えている方の多くは、青い海や緩やかに流れる時間などがイメージされると思いますが、何と言っても一番に思うのは気候ではないだろうか。本島の気候は亜熱帯に属し、年平均で約22〜24度前後と暖かい!

・宮古島

沖縄本島と石垣島のほぼ中ほどにある島、宮古島。
その面積は約158平方km人口約56000人、周囲には伊良部島、、大神島、下地島、来間島、池間島などがあり、中でも池間島、来間島には青く透き通るエメラルドトグリーンの海の上を宮古島から長い橋が伸び繋がっています。
宮古島までのアクスは、東京から直行便で約2時間半、大阪からは約2時間、本島経由で行くと、那覇〜宮古間が約40分位といったとこでしょう。
宮古島の魅力はなんと言ってもその青い海、白い砂、数ある沖縄の島の中でも宮古の海は一番奇麗とのこと、さらに景観地としては東平安名崎、砂山ビーチ、池間大橋、 来間大橋など多彩です。

・石垣島

石垣島は八重山諸島最大の島で、その面積は約220平方km、人口約46000人、県内では3番目の大きさを誇る観光盛んな大変美しい島です。
石垣島までのアクセスは、直行便で羽田からは約3時間半、関空からだと約3時間程度、沖縄本島を経由して行くこともでき、本島〜石垣間は約1時間、1日15便程のフライトがあるようです。
石垣島といえば日本百景にも選ばれている川平湾!そのコバルトブルーに映える海の美しさは、グラスボートで巡ると海底の珊瑚まで映し出し、あたかも水族館の中にでもいるような錯覚さえ感じさせます。
石垣島はこのような移住ブームになる以前から、よくメディアにも露出しており、移住希望者の間では人気があったようです。近年では観光開発も進み、団塊の世代を含む最近の移住希望者にも大変な人気のようで、土地は一昔前に比べ高騰していて一寸したバブル状態だともちらほら聞こえてきます。

・西表島

西表島は八重山諸島のほぼ中央に位置する大きな島で、大きさでは本島に次いで2番目の大きさ、その面積は約290平方km、人口約2000人、大自然豊かなこの島の魅力は沖縄の中でも異色で、島の面積殆どをしめる原生林です。
西表島までのアクセスは、飛行機で石垣島まで行きフェリーなどで渡る、時間にして約30分〜40分程度で行けます。西表島の魅力はなんと言っても手付かずの原生林、その多くが国立公園にも指定されているほどです。
亜熱帯独特の自然の中には本州では見かけないような珍しい小動物も生息します。さらに定番でもある、シーカヤックやネイチャーガイドと回るエコツアーは人気の的でもあります。
沖縄の各島のように、この島もこのところの沖縄ブームのせいか観光客が増加傾向にあり、のんびり移住というより、何か観光関連の商売でも行うという方向性の移住のほうが楽しいのかも!?
それか観光関連のアルバイト募集も意外に多いようなので、とりあえずはその辺から始めるのも一つの選択肢なのかなとも思います。

◆その他離島

・小笠原諸島

小笠原諸島は大小30余りの島で構成されている東京都の島で、有人島は父島母島のみ人口は約2500人、本土からは小笠原海運の船で約26時間、1週間に1度の便が出ています。
気候は亜熱帯に位置し温暖多湿な海洋性の気候で夏は蒸し暑い。離島という事で物価やアパート等の家賃も比較的高いですが、それを差し引いても余りあるほど海が美しいので、観光や移住には人気の島です。
小笠原村HP・http://www.vill.ogasawara.tokyo.jp/

・八丈島

八丈島は東京から南へ約280km行った太平洋に浮かぶ島、その面積は約83平方km人口約9000人、気候は黒潮の影響を受け冬でも比較的暖かい、年平均気温は18度位アクセスは羽田から飛行機で約45分1日4往復出ています、船も竹芝桟橋から運航している。
マリンスポーツや釣りなどはアクセスが良いせいか離島のわりには盛んな島です。
八丈町HP・http://www.vill.ogasawara.tokyo.jp/

・隠岐の島

隠岐の島とは島根県の沖日本海に浮かぶ島、面積約240平方km、人口約17000人風光明媚なこの島は海産物も豊富、アクセスは出雲空港から約30分、伊丹空港から約1時間、フェリーや高速船も出ている。近年移住促進にも力を入れているようです。
隠岐の島町HP・http://www.town.okinoshima.shimane.jp/

・トカラ列島

トカラ列島とは屋久島と奄美大島の間に浮かぶ島群でその数およそ12島からなる、有人島はその内7島余り、アクセスは村営船便のみ、釣り人の中では大物釣りの場として名は知られている。このような環境からか日本最後の秘境とまで言われています。
近年では移住促進にも力を入れているようで移住者も少しずつ増えているらしい。
トカラ列島HP・http://www.aruzou.com/tokara/top.htm

 参照
小豆島空き家情報
小豆島で「島ぐらし体験」 小豆島観光協会
美ら島物語 沖縄本島情報
沖縄観光情報
宮古島市ホームページ
宮古観光協会
石垣市観光協会公式サイト
美ら島物語 西表島情報
スポンサードリンク






I N D E X
■海外移住について
海外で暮らす方法は?
海外移住のメリット
目的地の決め方
海外移住の準備
年金について
資産の有効活用
ビザの種類と取得方法
為替の知識
言語の習得方法
移住後の生活費は?
移住に失敗するケース
お役立ち情報
アジア
オセアニア
アメリカ
ヨーロッパ
■ロングステイ
ロングステイの知識
ロングステイの種類
ロングステイの準備
ステイ先での過ごし方
人気ロングステイ地は?
■国際結婚について
国際結婚で移住
国際結婚の手続き
国別の婚姻制度概要
国籍と帰化の知識
国内移住について
田舎暮らしの目的
国内移住の種類
移住の前にすること
住まいはどうする?
国内移住地域の概要
北海道・東北
関東・中部
山陰・中国
四国・九州・沖縄
移住後の趣味
各地の温泉スポット
各地のマリンスポーツ
各地の山登り
魚釣りのポイント
移住に役立つリンク集
各国の移住支援・NPO・移住お役立ち情報を提供しているサイトを集めて見ました。
スポンサーリンク

                    Copyright (C)行列が出来る移住相談所 All Rights Reserved