田舎暮らし 移住

田舎暮らし 体験ツアー


行列が出来る移住相談所


HOME>>移住の前にすること



国内の移住場所を探すのにもそれほど簡単ではないでしょう、又安易に決めても良い結果は得られないかも知れません、ここでは移住する前に問題点を考えて見たいと思います。



■移住の前にすることあれこれ



◎情報収集をしてみよう。

田舎暮らしをするにあたり、とにかく情報収集をする必要があります。
ただ単に憧れだけを抱き移住しても実際に暮らしてみると不便がストレスになったり自然の過酷さに驚異を感じてしまうようなこともあるかもしれません。
田舎暮らしには人それぞれの希望する生活があり、夢もあるでしょう。
TV等で見る移住成功者と同じ生活が出来ると限らないと思います、何を見て情報を集めるかが重要な要素なのかもしれません。
今では関連の雑誌も多く、インターネットでも様々な情報が溢れています。
中でも注目が集まり、田舎暮らしをイメージしやすいのは既に田舎暮らしをしている方達の体験談等ではないでしょうか。
それこそ自分が将来味合うであろうとされる現実の一つが生の情報となって伝えているのだと思います。さらに気になる地域が見つかったなら、体験ツアー等があれば利用して実際に現地を肌で感じて行くのも良いかと思います。

◎田舎の人間関係を知ろう。

田舎暮らしには都会に無い人間関係があります。
近所との付き合いや地域の風習や行事、さらに近所付き合いは都会などに比べれば度合いも濃くなってくると思います。
地方自治体や市町村が様々な支援制度打ち出し移住促進を行っていますが、迎える側にも事情があるのだということです。
田舎に迎え入れてもらうからといって、都会のように他人に干渉されず自分の都合だけで暮らしていけるとは考えないほうが良いのかもしれません。
田舎での人付き合いは閉鎖的だと言われるようですが、村という共同体が存在して行くには必要な事でもあると思います。都会の方には田舎の人間関係に慣れるまではストレスに感じるかも知れません。
しかし知らない人間を迎え入れる側のストレスのほうがはるかに高いことを理解したほうが良いのではないでしょうか。
田舎暮らしはリゾート暮らしとは違うのですから!!

◎移住後の目的を考えよう。

のんびりと暮らす事に憧れ、田舎暮らしに憧れ、都会を離れ移住する人は増加の傾向に有るようです。
さらに田舎ではお金がかからない生活が出来るイメージも付きまといます。
それは自給自足がある程度は可能、近所からのもらい物がある、物価が安い・・・など!
しかし現実にはそうでもありません。特に物価はそれほど安いわけではないのです。
それは、原則として安売り店のも無いですし、ホームセンターなども少なく、所によってはありません。
さらに離島などは、原油高の時期にはおそらく200円超えの所もあるのではないでしょうか。
そして田舎は仕事を探すには都会より難しいものがあります。
年金で暮らすことが可能であれば仕事探しは特に必要ないですが、仕事を探すとなると職種もけして多いとは言えず、時給などの収入も当然安くなります。
でも考えようによっては、娯楽施設やいろりろなお店も少ないでしょうし、場合によっては何も無い地域もありますから、そういう意味ではお金を稼いでも使う場所がないからそれほど必要ないかも知れません。
もし田舎に行って、都会で住んでいる時と同じような生活を求めるならば、現実とのギャップに苦しむかも知れません。
憧れだけで田舎暮らしを目指すと、現実の生活を始めたとき生活面での気苦労が待っているかも知れません。さらにのんびりした時間を楽しめる間は良いのですが何らかの目的がなく移住すると、次第に退屈して田舎暮らしにうんざりしてしまう人も多いと聞きます。
必要な事は、田舎暮らしに何を求めるのか!田舎で何をしたいのか!を明確にするのが楽しく長く暮らして行ける道ではないでしょうか。
そして田舎には田舎のルールみたいなものや、習慣、行事、近所付き合いなどもあります。
それらに早く馴染んでいくことが田舎暮らしを長く楽しむコツではないかと思います。

◎下見をする(田舎暮らし体験ツアー)

田舎に移住をするにあたり、情報収集をすましたらまずは気になる現地に出向いて行き下見をする必要があると思います。
さらに現地に移住している方と巡り合うことが出来るようなら、現地での暮らしを聞くことも重要です。
そして就職情報や物件などの不動産情報も調べておくと良いと思います。
そして過しやすい季節だけに下見しても現実を知ることは出来ませんので、出来たらオフシーズンにも行って過酷な自然を肌で感じることも現実のイメージをよりリアルに田舎暮らし体験ができるでしょう。
中には何度も現地に足を運び、地域に人間関係を作ってから移住する人も多いようです。
人間関係がある程度出来上がっていれば、移住しても何かと物事がスムーズに運び時間を短縮出来るかもしれません。
さらに気になる地域が見つかったなら、体験ツアー等があれば利用して実際に現地を肌で感じて行くのも良いかと思います。
最近の体験ツアーには、実際の農業体験や田舎料理の教室、体験宿泊など多彩なメニューが用意されているようです。

スポンサードリンク







I N D E X
■海外移住について
海外で暮らす方法は?
海外移住のメリット
目的地の決め方
海外移住の準備
年金について
資産の有効活用
ビザの種類と取得方法
為替の知識
言語の習得方法
移住後の生活費は?
移住に失敗するケース
お役立ち情報
アジア
オセアニア
アメリカ
ヨーロッパ
■ロングステイ
ロングステイの知識
ロングステイの種類
ロングステイの準備
ステイ先での過ごし方
人気ロングステイ地は?
■国際結婚について
国際結婚で移住
国際結婚の手続き
国別の婚姻制度概要
国籍と帰化の知識
国内移住について
田舎暮らしの目的
国内移住の種類
移住の前にすること
住まいはどうする?
国内移住地域の概要
北海道・東北
関東・中部
山陰・中国
四国・九州・沖縄
移住後の趣味
各地の温泉スポット
各地のマリンスポーツ
各地の山登り
魚釣りのポイント
移住に役立つリンク集
各国の移住支援・NPO・移住お役立ち情報を提供しているサイトを集めて見ました。
スポンサードリンク

                    Copyright (C)行列が出来る移住相談所 All Rights Reserved