移住 言葉

英語の簡単覚え方


行列が出来る移住相談所


HOME




スポンサーリンク

■言語の習得方法




海外暮らしにをする上で言葉の問題は避けては通れません。
おそらく多くの方が真っ先に気になったり心配になると思います。


英語を初めとして言葉を覚えるのは現地に移住してからでも学ぶことは出来ますが、簡単な日常会話等は日本にいるときに少しずつでも独学でもいいから覚えていくことをお勧めします。


それは、たとえ覚えたことがいきなり現地で全て通用するとは思いませんが、何日か過ぎると多少でも思い出すということもありますし、何より覚えるということに慣れると思います。それによって過去の練習方法の間違いや、問題点が生かされると思うからです。特に文字を覚えていけば現地では日常的に関わってきますので、発音の習得はできなくても文字でのコミュニケーションは可能かも知れません。



たとえ現地で言葉を覚えるとしても、殆んどの場合、覚える気があれば半年程度で日常会話程度は問題なく話せるといわれます。
現に日本に働きにくる外人を見ても、来たばかりは殆んど日本語を話せないのですが、それでもなんとか半年位練習すると殆んど日常会話くらいは話せるようになるのです。
 

◇英語の覚え方!?

今や、英語が通じる国は東南アジアでも多く存在します。
英語が話せることにより、海外生活が豊かになりますし、楽しくもなること請け合いです。


英語を覚える際に「リスニング勉強法」という方法があります!
おそらく、本格的に一から学ぶ時間がない様な方にはこの勉強法は効果的だと思います。


まずは、新聞や雑誌等で英語の長文を用意します、そしてその長文に書いてある英語の文章を順に訳す練習をして下さい。
さらに、1つの文章を意味のわかるかたまりに分けて下さい、そして、分けられた意味のかたまり(熟語)を1つ1つ前から順に訳していきます。


次に同じ文章をゆっくり音読して下さい、音読しながら、意味ごとに日本語に訳して行き、次に音読するスピードを上げ、意味ごとを日本語に訳せるようにして下さい。
最後は、同じ文章をCD等でリスニングしながら、意味の塊ごとに日本語に訳して、流れてくる文章を何度も々理解して行くだけです。


最近流行の「スピードラーニング」なども効果的だと思います。
それでもだめなら、高度な翻訳機に頼りましょう。
もちろん、現地の語学学校を利用するのも良いと思います。


関連記事・参照先

スポンサードリンク







I N D E X
■海外移住について
海外で暮らす方法は?
海外移住のメリット
目的地の決め方
海外移住の準備
年金について
資産の有効活用
ビザの種類と取得方法
為替の知識
言語の習得方法
移住後の生活費は?
移住に失敗するケース
お役立ち情報
アジア
オセアニア
アメリカ
ヨーロッパ
■ロングステイ
ロングステイの知識
ロングステイの種類
ロングステイの準備
ステイ先での過ごし方
人気ロングステイ地は?
■国際結婚について
国際結婚で移住
国際結婚の手続き
国別の婚姻制度概要
国籍と帰化の知識
国内移住について
田舎暮らしの目的
国内移住の種類
移住の前にすること
住まいはどうする?
国内移住地域の概要
北海道・東北
関東・中部
山陰・中国
四国・九州・沖縄
移住後の趣味
各地の温泉スポット
各地のマリンスポーツ
各地の山登り
魚釣りのポイント
移住に役立つリンク集
各国の移住支援・NPO・移住お役立ち情報を提供しているサイトを集めて見ました。

                    Copyright (C)行列が出来る移住相談所 All Rights Reserved